mornin.info

タロット、ホロスコープ、哲学、宗教的な話、形而上学的な話をあれこれ書いたりときに時事ネタを占ったりしているサイトです。

動物占いと四柱推命

1999年くらいにちょっとしたブームになった動物占い。

 

ちょっと占いに詳しい人ならご存知かとは思うのですが

 

これって四柱推命の日干の十二運星だけを取り出して云々言っている占いです。

 

f:id:oraclesenko:20210502101442p:plain

命式の例

赤丸で囲ってるところが日干の十二運星。

 

この例だと日干の十二運星が「衰」なので動物占いでは「たぬき」になります。

 

十二運星って以下。

 

それぞれが人の人生の一部を表してるって言われています。

 

胎(たい)・・・・・・胎児

養(よう)・・・・・・あかちゃん

長生(ちょうせい)・・・・・・小学生くらい

沐浴(もくよく)・・・・・・中高生くらいの思春期

冠帯(かんたい)・・・・・・青年期

建禄(けんろく)・・・・・・壮年期(社会でばりばり働いてる社会人)

帝旺(ていおう)・・・・・・中年期

衰(すい)・・・・・・老年期

病(病)・・・・・・病床にいる

死(し)・・・・・・死ぬ

墓(ぼ)・・・・・・お墓に入る

絶(ぜつ)・・・・・・あの世の魂

 

そんで動物占いで言えば

胎(たい)・・・・・・狼

養(よう)・・・・・・こじか

長生(ちょうせい)・・・・・・猿

沐浴(もくよく)・・・・・・チーター

冠帯(かんたい)・・・・・・くろひょう

建禄(けんろく)・・・・・・ライオン

帝旺(ていおう)・・・・・・虎

衰(すい)・・・・・・たぬき

病(病)・・・・・・コアラ

死(し)・・・・・・ゾウ

墓(ぼ)・・・・・・ひつじ

絶(ぜつ)・・・・・・ペガサス

 

動物占いでは、

 

あなたの動物は「こじか」です〜

 

って

 

その一つだけで性格とか論じていましたが

 

日柱の十二運星って壮年期の運勢の勢いも示していたりしますし、

 

月柱の十二運星は他者から見た自分の性格を示していると言われています。

 

なのでこの例で言えば・・・・

 

月柱の十二運星が「養」・・・・こじか

日柱の十二運星が「衰」・・・・たぬき

 

他者から見た自分は こじかのキャラクターに見えて

本質的には たぬきってことですね。

 

 

 

十二運星だけでは一部しかわかりませんし、

命式全体を見ないとなんともいえませんが・・・・

 

こんなかんじで●●占いって簡単にキャラクターや相性を論じる占いの本になってるのはほとんど四柱推命だったりします。

 

たとえば細木某先生の六星占術とかも四柱推命が元になっています。

 

 

 今日はそんな感じでこのくらいで〜。

 

 

 

 

ブログランキング参加してみました↓ 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

次は何を書こうかな〜。