mornin.info

タロット、ホロスコープ、哲学、宗教的な話、形而上学的な話をあれこれ書いたりときに時事ネタを占ったりしているサイトです。

胎内記憶

f:id:oraclesenko:20201010210828p:plain

どうも占子ちゃんです(•ө•)♡

 

占子ちゃんは母親の胎内にいたときの記憶を断片的に持っています。

 

初っ端の記憶は暗くて狭いところにいると知覚したところから。

 

感じたことは

「暗っ!狭っ!!なんやここ!!」

 

自分が一体どこにいるのかわからず暗くて狭いので暴れまわって出ようとしたのです。

 

「出せー!」と手足をジタバタさせて。

 

それでもしばらくすると、その中の居心地の良さに気がつき眠りにつきました。

 

温かいお湯の中にプカプカと浮いている感じです。

 

 

 

 

そうしてどのくらいの時間が経ったのか・・・・

 

 

 

 

ある時突然「はよ起きっ!!」と姿の見えない『おっちゃん』の声に起こされたのです。

 

 

しかも何故か関西弁。

 

 

「まだ寝てたい・・・・」そう思って眠りこける私に

 

 

「早く出ないと大変な事になる!!!」とおっちゃん。

 

 

「大変なことになるってどういうこと?!」と怖くなって焦った私は

 

 

暗くて狭いトンネルのようなところを頭から「うんしょうんしょ」「ちょっときついな、、、、」と言いながらも急いで通り抜けました。

 

 

その間もおっちゃんが「そうや、それでええ、そうや」と声かけをしてきます。

 

 

そうしてとうとうトンネルの向こうに光を見つけ外に出たのです。

 

 

そのときのファーストインプレッションは「まぶしっ」と思ったこと。

 

 

そして次に思ったことは「しまった!!!まだ寝てるつもりだったのに!!!!」

 

 

と、同時に泣いていたと思います。

 

 

占子ちゃんの産声は「しまった!!!」と、誕生を嘆いた声なのです。😂

 

ですがその時には後の祭り、もう胎内に戻ることは叶いませんでした。

 

しかも出たか出なかったかくらいのときにおっちゃんは「急ぎすぎ・・あ~、、まぁええけど」とかなんとか言っていました。

 

最後のそのおっちゃんのつぶやきだけはいまだに解せぬ。

 

 

解せぬぞ!

 

 

「まだ寝てるつもりだったのに」って思うところが、まさに自分な感じがする記憶です。

根本的にはのんびりやで、生まれる事にも前向きじゃなかった感ありです。

 

 

面白いのがこの記憶と実際の出産の話がかぶるのです。

お腹を蹴りまくっていたらしいこと。

出産予定日より2週間程度超過していたこと。

出産が始まったら出てくるまであっという間だったらしいこと。

 

 

胎児といってもお腹の中で色々何かと考えているものだったりするのです。

実に面白いですね~。

 

そしてそのおっちゃんはその後にもたまに人生に出現していたのです。

 

それはまた別の機会に。。

 

 

 

こんなヘンテコな話がまだまだ聞けるかもしれません。オラクル占子からメッセージ来ますよ(^o^)v