mornin.info

タロット、ホロスコープ、哲学、宗教的な話、形而上学的な話をあれこれ書いたりときに時事ネタを占ったりしているサイトです。

太陽星座の話

人はそれぞれ自分のホロスコープに10の天体を持っています。
よくある星占いの星座の示すものは太陽星座と呼ばれていて
他にいくつもの天体の影響を受けてるものですから、人によっては自分はその特徴にしっくりこないな。ということもあるわけです。

 

10天体が人生のある年齢の間影響を及ぼすという考え方がありまして
そういうのを年齢域なんていうのですが

太陽の年齢域は25〜35歳。
この年齢だと社会に出て自分の力を試してみる年齢です。

ですのでよくある星座占いで例えば「山羊座だから行動的・計画的、真面目、ストイック」と聞いてもしっくりこないことがあったとします。
そんな場合は他の惑星が山羊座っぽくない星座だったりするので日常では山羊座っぽくないように見えたりするですとか、年齢域が太陽に達していない、もしくは今の年齢域が違う星座の場合も考えられます。惑星の年齢域を考慮していないから当たらない、ということもよくあるのですね。この太陽星座の活かし方というのが色々形があって興味深いのです。


太陽星座のハウスにもよるのでしょうけれども
家庭の中で自分の太陽を活かす人もいれば職場で活かす人もいる。
太陽の強さやアスペクト、月星座にもよるのでしょうが、太陽は本人の本質というより意識して発揮するものなので、大抵は家庭か職場どちらかで発揮できたらあとはガス欠になるのかと思います。
家より会社、または会社より家、、状況によりその太陽星座の力を使うことで居心地のよい場所で発揮しやすいのですね。
とりわけ6ハウスに太陽があると、職場で太陽のパワーを発揮したくなるのではと考えます。

 

f:id:oraclesenko:20200907141847j:plain

タロットカード 太陽

個人鑑定依頼はまずは友達登録を★オラクル占子からメッセージ来ますよ(^o^)v